支援内容

☆個別支援プログラム作成

児童発達支援管理責任者を中心に、お子様・保護者の方・連携する施設・ふらっぷのスタッフ全員で、お子さまの個別プログラムを立て、支援していきます。

毎月スタッフで支援のための会議をし、お子様の様子に合わせて支援内容を話し合います。

☆学習支援・パソコン

毎日学習(宿題)の時間を設けています。
学習の時間に全部終わらせるくらい、時間内に集中できるようになるのが目標です。
わからないところは、スタッフが付いてやっています。
スタッフ1人につき1~3人と、少人数制になっています。

またふらっぷにはお子さん専用のパソコンを3台ご用意。
一日一人20分のパソコンの時間があります。
カレンダーや旅のしおり等作ったお子さんも☆

好きな動画を見るというのはできませんが、工作や学習のための動画でしたらOKとしています。

☆買い物支援

将来必ず必要になる、金銭の授受。ふらっぷは実際に現金を使って実践しています。
調理実習の材料の購入も子どもたちがやります。
材料は何がいるかな?
お肉と言ってもどのお肉?
予算内に収まるかな?
ピッタリ支払うためにはどうしたらいいかな?
いろいろ考えながら、子どもたちが支払います。

また朝からご利用の日は昼食が必要になりますが、
同じ商業施設内でお買い物もできます☻(必ずスタッフと行きます)。

☆料理

料理をすることで、様々なトレーニングができるんです。

★レシピを覚えたり段取りを考える→ワーキングメモリの機能の強化
  集中力・数への概念

★切る、むく、混ぜるなど、手元に集中する作業
→手先のトレーニング・集中力・時間の概念

★この材料がどうなるのか、先を考える
→物質の変化を知る・想像力

等が養われるといわれています。

何より自分で作ったのはおいしい💛
将来自分で生活のために作れるよう、
難しすぎないメニューにしています。

☆お誕生日会&季節の行事

お子様に拡がりのある生活を送ってほしいと、年間で季節の行事を行っています。
また毎月お誕生会もし、お友達のお誕生日をお祝いします。

昨年はふらっぷ以外の方々にご協力いただき、楽しい行事になりました。

☆外出プログラム・余暇

朝からご利用の日等に、外出も計画します。

外出することによって公共のマナー・交通ルールを学ぶなど、
室内だけでは学べない様々な経験ができます。

社会や自然に触れ、遊びを通じて、
将来の自立のためのマナーや協調性を身につけることを目的としています。

☆スポーツ

運動により得る、楽しむこと・喜ぶことは、身体の発達だけでなく脳の発達にも良いといわれています。

スポーツの先生にお越しいただく時もあり、体操やサーキット、鬼ごっこ等しています。

身体面では、体幹を鍛えて自分の体を動かしやすくしたり、
心の面では、先生に注目したり順番を待つなど、お子さま同士での共同活動を通じてソーシャルスキルを身につけるのが目的です。



その他たくさんの内容になっています。